タスクスケジューラのログを有効にする

最近のWindowsではタスクスケジューラで実行するジョブのログ取得がデフォルトで無効になっている。

有効にするには、イベントビューアー側で設定する必要がある。

イベントビューアーの左側のツリーで[アプリケーションとサービスログ]を
[Microsoft]-[Windows]-[TaskScheduler]と辿り、
[Operational]でポップアップメニューを表示させて、[ログの有効化]をクリックするだけだ。

画像

画像

ポップアップメニューに[ログの無効化]が表示されている場合は、すでに有効化されている。

ポップアップメニューからプロパティを開いて、[ログを有効にする]にチェックを付けても有効化できる。
画像
[TaskScheduler]/[Operational]のプロパティ

"タスクスケジューラのログを有効にする" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント