Accessの条件付き書式に数値項目のビットパターンを反映する

Accessの条件付き書式で数値項目のビットパターンによって背景色を変更しようとしたが、単純に論理積を求めようとしても論理型の演算になってしまってうまくいかない。

[ERR_FLG]の2Bit目が立っているかチェックしようとしてこのような式を入れてみたがこれでは判定できなかった。
([ERR_FLG] And 2) = 2


一つ上のBitでの剰余を求めて判定することで希望する結果が得られないことはない。
([ERR_FLG] Mod 4) >= 2


これだと後で解りづらいので、Public関数を作って条件付き書式の条件式に入れてみた。

'BitパターンがONかチェックする関数:
Public Function ChkBitOn(p_iParam1 As Integer, p_iParam2 As Integer) As Boolean
    ChkBitOn = ((p_iParam1 And p_iParam2) = p_iParam2)
End Function


条件付き書式の式にはこのように設定することで求める結果が得られた。
ChkBitOn([ERR_FLG], 2)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック