Windows7をWindows10にアップデートさせようとするMSに抵抗する

マイクロソフトはWindows7やWindows8.1をどうしてもWindows10にアップデートさせたいらしい。

Windows Updateで重要な更新を行うとWindows10へのアップグレードもやろうとするようになった。
(一応確認ダイアログが出て、そこでキャンセルはできるらしいが)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160202-00000038-zdn_n-sci

Windows10では動かないとわかっているソフトやハードを使っているので、アップグレードをやらせるわけにはいかない。

しかし、Windows Updateを全くやらないわけにもいかないので、Windows10への更新を避けやすいように設定しておく。



まずは、シャットダウン時に[更新をインストールしてシャットダウン]が既定にならないようにする。

1.ローカルグループポリシーエディタを起動する。

スタートメニューのプログラムとファイルの検索でgpedit.mscを検索して実行する。
画像


2.ローカルグループポリシーエディタで[更新をインストールしてシャットダウン]を既定にしない設定を有効にする。

[コンピュータの構成]
 [管理用テンプレート]
  [Windowsコンポーネント]
   [Windows Update]の下記設定を有効にする。
・Turn off the upgrade to the laest version of windows
・[Windows シャットダウン]ダイアログボックスの既定のオプションを[更新をインストールしてシャットダウン]に調整しない。
画像



自動的にWindows Updateが実行されないようにしておく

1.コントロールパネルから[システムとセキュリティ]-[Windows Update]-[設定の変更]を開く。

2.デフォルでは、「更新プログラムを自動的にインストールする(推奨)」になっているので、
更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する」又は「更新プログラムを確認するが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは選択する」にしておく

画像




Windows10にアップデートしろと誘ってくるポップアップを表示を出さないようにする。

1.Windows10にアップデートしろと誘ってくるポップアップを表示するプログラム(GWS)を終了させる。

タスクマネージャでGWS.exeを終了させる。

2.Windows10への更新を誘ったり、更新を実行するプログラムをアンインストールする。

コントロールパネルの[プログラムと機能]を開く。
左上の[インストールされた更新プログラムを表示]をクリック。
右上の検索ボックスで下記二つの更新プログラムを探して、アンインストールする。
KB2952664 (Window10への更新を行う)
KB3035583 (GWS.exeをインストールする)
KB3095675 (Window10への更新を強制する) ※2016/05/13 追加
他にもWindows10ヘのアップグレードに関連する更新はあるらしいが(現在未確認なので...)

3.Windows Updateの対象外にする

スタートメニュー又はコントロールパネルからWindows Updateを開く。
[更新プログラムの確認]を行う。
[n個の重要な更新プログラムが利用可能です]をクリックして、
一覧を表示させ、上記二つの更新プログラムのチェックをオフにして一つづつ選択してポップアップメニューから[更新プログラムの非表示]を実行する。

[非表示更新プログラムの再表示]をクリックして、一覧に上記二つのプログラムが含まれていること確認したら[キャンセル]ボタンで閉じる。
画像


4.Windowsを再起動する。

注意
Windows Updateで一度非表示にしても、マイクロソフト側で再リリースすると、更新プログラムとして勝手に追加されてしまうので、以後、Windows Updateを実行する前に重要な更新プログラムの確認を行い、上記の更新プログラムが追加されていたら非表示にしてからUpdateを実行する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック