Windows7(64Bit版)での32Bit版ODBC管理ツール

Access2007のランタイム版で動かしていたアプリケーションを、Windows7(64bit版)で動かそうとしたが、DB(SQLServer 2005)に接続できなかった。

DBにはODBCで接続するようにしており、今まで使用していたものと同じデータソース名(DSN)で作成し、ODBC管理ツール内での接続テストも済んでいる。

原因がわからずWebで検索したところ、ODBC管理ツールが64Bit用と32Bit用で別になっておりその守備範囲が全く別になっていることがわかった。

64Bit用の管理ツールでデータソースを作っても、32Bit版のソフトからは利用できないのだ。

32Bit用のODBC管理ツールで必要なデータソースを作ったところ、アプリケーションは問題なく動いた。

64Bit用で作ったデータソースはそのまま残しており、両方に同じデータソース名があるのだが、それぞれ別世界なようで全く干渉していない。

32Bit用のODBC管理ツールはコントロールパネルからはアクセスできず、
exeファイルを直接実行する必要がある。

32Bit用のODBC管理ツールは
%SystemRoot%\SysWOW64\odbcad32.exe

ちなみにWindowsのバージョンに合った標準のODBC管理ツール
(この場合64Bit用)は
%SystemRoot%\system32\odbcad32.exe

フォルダ名だけだと非常に紛らわしい。
しかし、使用しているWindowsに合ったバージョン(この場合は64bit用)はコントロールパネルの管理ツールから実行できるので64Bit版Windowsで32Bit用を起動する方法だけ理解しておけばいい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック