Compiere(コンピエール)のインストール

オープンソースERPのCompiere(コンピエール)を試してみようとインストールを始めた。

しかし、インストール手順通りにはいかず、インストール完了まで1日かかってしまった。

Compiere入門という本が出版されているが、この付録にあるインストールガイドが簡略過ぎて、迷わされてしまった。
もっともこの本に携わった人がインストールしようとすると途中で何度か嵌ると言っているらしい(なんじゃそりゃ)からな。

私が嵌ったところとその解決方法を書いておく。

CompiereはJAVAで書かれており、RDBにOracle 10g(だけではないが)を使用している。

インストールしたサーバーはWindows Server 2003
(CompiereとOracle 10gとも1台のサーバーにインストールした)

1.JDK(Java SE Development Kit)

まずJDKの最新版をインストールする。

JDK1.5以上と書いてあったので現時点で最新のJDK1.6(Update13)をインストールした。

しかし、後から出てくるCompiereサーバー設定画面のチェックでバージョンが違うと言われてしまう。

しかたがないので JDK1.5(Update18)をインストールした。

JDK1.5のダウンロードサイト
http://java.sun.com/javase/downloads/5/jdk

上記URLでダウンロードできない場合は下記URLのページから
JDK 5.0 Update 18のダウンロードを実行してみる。
http://java.sun.com/javase/downloads/index_jdk5.jsp
名前やメールアドレスなど必要事項を入力してsubmitしてもダウンロードは始まらない。
入力したしたメールアドレスにダウンロードページのURLが書かれたメールが届くので、そのURLダウンロードする。(ああ面倒くさい)

2.Oracle 10g EX

Oracle 10gは持っていないので無料のExpress Editionをオラクルのサイトからダウンロードしてインストールする。
http://www.oracle.com/technology/software/products/database/xe/

Oracleについては特に問題なくインストール完了。

気をつけなければならないのはOracleのWeb管理用にHTTPのポートを指定する際に、インストールするサーバー上で他のHTTPサービスが動作している場合にはポート番号がかぶらないようにする必要があるくらい。

3.Compiereのダウンロード

下記URLからCompiere_J300_A02.zipをダウンロードするように書いてあるが、そういう名前はリストに無い。
http://sourceforge.jp/projects/compiere/releases/

「Show all releases」というところをクリックし、リンク先のページでさらに「Compiere_J300_A02」をクリックすると、Compiere_J300_A02.zipダウンロードへのリンクが表示された。
http://sourceforge.jp/projects/compiere/releases/?package_id=9233

ロープレイングゲームじゃないんだから、こんなところに隠しておくなよ!


Compiere_J300_A02.zipが見当たらないからCompiere_J300_A02_src.zipをダウンロードして使おうとしないように。
私はこれをやってしまった。
RUN_setup.BATファイルを書き換えたりしてなんとかCompiere設定画面まで辿りついたが、Select Componentsができずそこから先へ進めなかった。
これで4時間ほどロスしてしまった。


4.Compiereのインストール
Compiere_J300_A02.zipを解凍し、展開されたCompiere2フォルダをサーバーの適当なところへコピーする。

環境変数の設定を行う
例:
JAVA_HOME=C:\Program Files\Java\jdk1.5.0_13 ※JDK1.5がインストールされたフォルダ
COMPIERE_HOME=D:\Compiere2          ※Compiere2フォルダ

コマンドプロンプトを開き、カレントディレクトリを%COMPIERE_HOME%にしてからCompiere2フォルダ直下のRUN_setup.BATを実行する。

Compiereサーバー設定画面が表示される。
デフォルで入力されている項目もあるが、Webポートやデータベース、システムパスワードなど変更が必要な箇所がある。

「テスト」ボタンをクリックすると、途中でKey Store Dialogが現れるがデフォルトのままでOKとする。

テストが終わったら、保存する。
保存時にライセンスの確認が2種類行われるのでどちらもOKとする。

Compiereサーバー設定画面が切り替わり
[Start Server Install]ボタンが表示されるのでクリックしてインストールを開始する。
(このボタンはボタンとは気付かないほどウィンドウ幅いっぱいに表示されている)

ここまで実行したがインストール中にCompiereサーバー設定画面がハングアップしてしまった。
30分ほど放置したが、JAVA.exeがCPU使用率90数%のまま止まらないので強制終了。

一度、Compiere2フォルダを削除して、解凍したものを再度コピーしてやり直したところ、7分程度でインストールが終了した。
ハングアップした原因は不明だが、そのまま先へ進むことにした。

5.DBをリストアする
カレントディレクトリを%COMPIERE_HOME%\utils に移動してRUN_DBRestore.batを実行する。

以上でサーバーのインストールは終了


クライアントアプリの実行
クライントPCのWebブラウザで http://(Compiereサーバー:ポート)/へアクセスする。
管理ページが表示されたら「Click Here to Web Start Me Now!」という青いボタンをクリックする。

クライアントがダンロードされるのでそれを実行する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック