Windows9x系に静的ルーティングを設定する

結論から先に書いておくと、Windows9x系OSでは静的ルーティングが設定できない。
Windows9x系のroute コマンドには -pオプションが無いので動的ルーティングしか追加できないのだ。
その代わりに、起動時に動的ルーティング設定コマンドを実行するようにレジストリに設定することで代替する。

1.レジストリエディタで、HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RunServicesというキーに任意の文字列値を作成してその文字列にroute addコマンドを設定する。
画像


2.再起動する。
  Windows起動時にMS-DOSプロントが表示されてその中でroute add コマンドが実行される。

  ログオン後にroute printコマンドで確認すると、動的ルーティングに追加されているはず。

画像



AutoExec.batに入れても良さそうな気がしたのだが、AutoExec.batが実行される時点ではまだMS-DOSが動いているだけで、ネットワーク機能が有効では無いのでroute コマンドが効かないそうだ。



元ネタはITProのWindows Q&A

OCNのGroup-VPNで接続した拠点で、インターネットにも接続できるようにVPN用ルーター以外のルーターをデフォルトルートに設定しているPCがある。
VPNで接続した別の拠点への経路を静的ルーティングで追加して使用している。

同様の設定をWindows98が入っている古いPCでやろうとしたら、route -p add コマンドがエラーになってしまい、設定できなかった。
そこで検索してみたら、上のQ&Aが見つかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック