Windows Vistaのフォルダの種類自動判別を無効にする

Windows Vistaではフォルダに置いたファイルを自動判別してフォルダの種類勝手に決めつける。

エクスプローラでフォルダを表示したときには、フォルダの種類に合わせた項目が表示される。

この非常にお節介邪魔腹立たしい機能を無効にするには、レジストリをいじるしかないようだ。

1.レジストリエディタで、HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\Local Settings\Software\Microsoft\Windows\Shellというキーを開く。

2.サブキー「BagMRU」と「Bags」を削除する。

3.「Shell」の下にサブキー「Bags」を作成する。
  (「Bags」はそのサブキーが多いので一旦削除して作り直すのだ)

4.前項で作成した「Shell\Bags」の下にサブキー「AllFolders」を作成する。

5.前項で作成した「Shell\Bags\AllFolders」の下にサブキー「Shell」を作成する。

6.前項で作成した「Shell\Bags\AllFolders\Shell」を選択してから右ボタンでポップアップメニューを表示させ、[新規]-[文字列値]を選択して「FolderType」という値を作成する。

7.「FolderType」をダブルクリックし、値のデータに「NotSpecified」と入力する。

8.レジストリエディタを終了する。

9.ログオフしてログオンし直す。

以上



参考資料:
マイコミジャーナルのコラム Windowsスマートチューニング 15

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック