ASPでスクリプトエラー時にクライアントに送るメッセージを変更する

ASPでスクリプトエラー時にクライアントに送るメッセージを変更する方法。

インターネットサービスマネージャを開く。
インターネットサービスマネージャ

Webサイト又は仮想ディレクトリのプロパティを開く。

アプリケーションの設定で[構成(G)]ボタンをクリックしてアプリケーションの構成ダイアログを開く。
仮想ディレクトリのプロパティ


アプリケーションのデバッグタブのスクリプトのエラーメッセージ欄で、送るメッセージの種類を選択する。
アプリケーションの構成ダイアログ




クライアントのWebブラウザとしてIEを使っていて、エラーメッセージが表示されず下記のような簡易メッセージが表示される場合。
HTTPエラーメッセージを簡易表示


インターネットオプションの詳細設定で[ブラウズ]-[HTTPエラーメッセージを簡易表示する]のチェックを外す。
インターネットオプションの詳細設定

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック