ASPアプリをASP.NETにコンバートする際に行った作業

ASPアプリを.NETに変更する際におこなった設定変更、ソース修正作業のメモ

※Windows Server 2003 (IIS6.0) でASPを動作させる場合はWebサービス拡張で
 ActiveServerPagesを許可する必要がある。


※リモートPCにエラーメッセージを表示するためにサーバールートの
 Web.Configに設定を追加する。








 各ファイルのページディレクティブにDebug="true" aspcompat="true"を追加
<%@ Page Language="VB" Debug="true" EnableSessionState="False" aspcompat="true" %>

※文字コードの設定
Shift-Jisを使う場合は下記の設定をWeb.Configに追加する





※正規表現のクラスが VB Scriptのものと全く違うので変更が必要。
(下記を参照)

Regex クラス
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/system.text.regularexpressions.regex.aspx

RegexOptions 列挙体
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/system.text.regularexpressions.regexoptions.aspx

Match クラス
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/microsoft.ruleengine.match.aspx


-------------------------------------------------------------------------------------
MDBをデータベースに使う場合
-------------------------------------------------------------------------------------
OS:Windows Server 2003
NT AUTHORITY\Authenticated Users にMDBファイルの更新権限を与えないと
更新できなかった。


-------------------------------------------------------------------------------------
ASPからASPXへのソースファイル修正
-------------------------------------------------------------------------------------
ソース修正作業については別記事にしたのでそちらを参照のこと。
ASPからASPXへのコンバート

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック